koumemalacca

記事一覧(8)

華僑のお友達

アメリカで大学生だった時、中華系インドネシア人で、シンガポール育ちの女の子達との出会いは、その後私の人生で大きな影響を与えました。その中の一人、少し歳上のRちゃんに初めてあったのは、人物画の基礎クラスでした。あまり話をしてなかったのですが、ある日、私が授業をさぼって、その代わりにワークショップに出席した時、Rちゃんが話しかけてきてくれたのがきっかけです。(もちろん彼女はさぼらずに真面目に授業にでてました)「来週テストあるの知ってる?休んでたからプリントPDFで送ってあげるよ」と言ってくれたのです!おかげで単位ちゃん取れました。 そこからずっと仲良しです。Rちゃんは、イラストレーション専攻で、私はファインアートの専攻だったのですが、共通のクラスがあったので、その後も何回か同じ授業を選択しました。私はアメリカに行くまで、特別、国際交流など(英会話の先生以外)せずに育ってきました。なので、3-4ヶ国語流暢に話したりする人に会ったことがありませんでした。しかも、小学校から教育の為にシンガポールに行くなんて発想は全くありませんでした。 私は、アメリカの大学に入学するだけでも家族を巻き込んでの人生の一大イベントだったのですが、幼少の頃から色々な国に住んだり、親戚がアジアやアメリカにたくさんいたりとか、自分とあまりにも世界が違ったり広すぎて、世界には色々な人がいるなぁと実感したのを覚えてます。 (←この言葉、留学中何回も頭を駆け巡りました)アメリカに憧れて留学したのにいつの間にかアジア人、日本人としての自覚やアジア文化に興味がでてきたのを覚えています。 チャイナタウンにもよく通ってました。もちろん、彼女の故郷、スマトラ島にも遊びにいきました。料理も美味しくて、ゆったりとした時間が流れててまた是非行きたいです。(メイドさんが4ー5人いました。生まれて初めてメイドさん見ました。自分が物凄く庶民と実感しました(^^;)その後、Rちゃんとは、香港で再会してます。一緒に旅行して、彼女の親戚の家も一瞬お邪魔させてもらったりマカオに一緒に行って、負けたけどカジノをしたりしました。 この香港旅行は私がアジア文化に再び興味を持ったきっかけの一つでもあります。(香港についてはまた別の機会に)Rちゃんと出会ってなかったら、初ボーナスで行く旅行先を香港にしようと思わなかったかもしれません。この香港旅行の後、アジアへの関心がより深まり、シンガポールに行く事になります。そこで前お話したプラナカン文化に出会ったのです。20歳ぐらいの出会いがここまで後の人生の生き方に影響するとは、全く想像もしてなかったですが、Rちゃん達に会うか会わないかで大分人生が違ったと思います。留学して、本当に良かったです。親に感謝です。Rちゃんとは、日本に旅行に来た時に、一瞬会ったきり、気がつけば、もう2-3年くらい会ってません。早くカフェ業を起動にのせて、旅行できるようになって、また昔の友人に会いたいものです。(写真はスマトラ島の写真で、Rちゃんに送ってもらいました)

ホワイトコーヒー

ホワイトコーヒーと聞いてすぐ、何のことだとわかる方は東南アジアに詳しい方では?と思います。ホワイトコーヒーは、カフェマラッカで人気メニューの1つなのですが、なぜかあまり、日本には浸透してないようです。ホワイトコーヒーは、19世紀に海南島からマレーシアに移り住んだ華僑の人達によって作られたコーヒーです。簡単に、何が違うかと言うと、焙煎の仕方が違います。ホワイトコーヒーは、少量のマーガリンを使って焙煎されています。(現地のコーヒーは元々マーガリン、砂糖、小麦粉を使って焙煎されてたそうです。) ホワイトコーヒーといっても真っ白なコーヒーというわけではなく、何も加えていない "白"という中国語からきているとの事。(ここでは、マーガリン以外加えていないという意味らしいです)どんな味ですか?とよくお客様に質問されるので、個人的には穀物コーヒーみたいな味だと思いますと答えています。今まで、ホワイトコーヒーを飲んだ事ない方が、ホワイトコーヒーをカフェで頼んでくれた時はとても嬉しいです(OvO)マレーシア等東南アジア地域では、すでにミルクや、砂糖もしくは、練乳を入れた状態で出されることが一般的なようです。私も現地に行った時は、すでに甘くなったのばかりを飲んでいました。かなり甘いのですが、あの甘さが、マレーシアの気候にぴったりなんです。暑い中、観光の為に街をウロウロして疲れた時に冷たくて甘いホワイトコーヒーを飲んで休憩したものです。しかも、香辛料の効いたご飯にもよくあいます!カレーを食べながらチャイを飲むような感覚ですね☺️ただ、練乳をたっぷり入れた状態だと日本人のお客様には、甘すぎるかなと思ったのでカフェマラッカでは、お客様の好みで練乳の量を調節して飲んで頂いてます。東南アジアから来た日本に旅行中のお客様達は、日本に来てるのにホワイトコーヒーをあえて注文される方もいらっしゃいます。普段飲んでる味が恋しくなるんでしょうか??ホワイトコーヒーの記事を書いてて思いだしたのですが、マレーシアのカフェはとてもおしゃれなとこが多いんです!また追々書いていきます!

ブリトー

以前の記事で少しお話したブリトー。アメリカに住んでた時よく食べていた料理の1、2を争うのがブリトーです。当時、ブリトーが何かわからず緊張しながらお店に入ったら、サブウェイみたいに、カウンター越しにトッピングを順番に聞かれて注文する形式でした。英語を今ほど話せなくて、適当にyesばっかり言ってでてきたのを食べたのが初めてのブリトーです。食べた瞬間、今まで食べた事ない味にびっくりしたのですが、その後,美味しい!! と思ってから週に1-2回は必ず食べるようになりました。ハマった決めては、お米とサルサとサワークリームのコンビネーションだと思います。ブリトーとは、ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと大きなトルティーヤにお米、お肉、野菜、サルサなどいろんな具材をまとめて丸めたものと言ったらわかりやすいと思います。もちろんお店や地域によって作り方に違いもあるだろうし、ブリトーはテクスメクス料理でメキシコ料理とは言えないなど、色々な意見や考え方もあるようですが、私は正直タコスも好きですが、ブリトーのほうが好きです。 サンフランシスコには、ブリトー屋さんがたくさんあったので、ちょっと贅沢したい時はブリトーの上に何種類かのソースがかかったスーパーブリトーと言うのを食べておりました。(正式名称は知りません。お店のメニューにはスーパーブリトーと表記されてました)大阪にも四ツ橋の近くに一軒ブリトー屋さんがあります。カフェマラッカから近いと行きやすいのですが、少しお店から遠い為、中々お店に行けません。近々行ってみようと思います。余談ですが、香港にもメキシコ料理屋さんがあって、興味があったので行きました。良いお店でした。またいつかブログに書こうと思います😎写真のブリトーは、神戸のメキシコ料理屋で食べた時のです。美味しかったです☺️

ハイナンチキンライス

カフェマラッカで一番人気のあるメニューは、ハイナンチキンライスです。簡単に言うと茹でた鶏肉と、その出し汁で炊いたお米 です。シンプルな料理なのですが、だからこそ店の個性がでる料理だと思ってます。お店を始める前、旅行先や日本国内でもハイナンチキンライスを食べ歩きしましたが、店ごとに味、提供の仕方が違いました。ハイナンチキンライスは昔、海南島出身の華僑の人達が移民先のマレーシアやシンガポールで、自分達が家庭料理として食べていた料理を再現したものと言われています。当時、移民した人達はどのような気持ちで故郷の味を再現したのだろう、、故郷の味が恋しかったのだろうか、材料は移民先では手に入りにくいものもあったのではないか??  と色々考えてしまいます。 カフェでハイナンチキンライスを出す際に9割レシピを考えたのは、共同経営の林さんです。林さんはチキンライスにかなり思い入れがあり、大阪で手に入る材料でカフェマラッカのチキンライスを完成する為、奮闘してたのを覚えております。(外見が理数系の林さんは(仕事も本当に理数系)、店番をする事はほとんどないのですが、なぜか林さんが一人で店番すると一気に店が混みだすという不思議な力を持っております)以前にブログでも書いたのですが、私はアメリカの大学を卒業するまでの約四年半、サンフランシスコに住んでました。住み始めた当初、日本食が恋しくなり、日系スーパーに食材を買いにいったり、日本食レストランに行ったりした事をこの記事を書きながら思い出しております。けれども私は好き嫌いなく何でも食べるので、いつのまにか中華料理か、アメリカでのメキシコ料理、ブリトーを食べ続ける日々となりました。またその話は別の機会に😎